選び方

飲みやすい青汁を選ぶコツ

投稿日:

青汁は、かの有名な「マズイ!もう一杯」とのフレーズで一躍有名になったように、試しに1度飲んでから、二度と飲みたくないと思った人は相当多いでしょう。
青汁のブームには、しばらく陰りが出ていたのですが、最近のメタボなどの用語や健康ブームにあやかり、再起しているようです。
しかし、従来はまずいものの代名詞のように広まっていた青汁なのですが、最近の青汁は美味しいものとして変わっています。健康によいばかりでなく、味にもこだわりたいとの開発者の思いでしょうか。
このような背景もあって、最近の青汁には美味しいものや甘いものが増えつつあります。しかし、従来のようなまずいものも存在しているのも事実です。そうしたことから、どの青汁が美味しいのか、また甘いのかを検証してみました。

美味しい青汁

美味しい青汁といえば、ふるさと青汁です。青汁らしさの残る青汁ともいえます。しかし、従来のような青汁のまずさはなく、野菜嫌いの人でも問題のないほどで、苦味が少しある程度です。
緑茶が好きな人ならば、オススメですね。食事と一緒に飲んでも違和感はありません。青汁らしさを堪能したいという人にもオススメできます。
明日葉を素材にしているために、青汁のようなクセもなく、さっぱりとした飲み心地が人気を博しています。抹茶風味で後味がスッキリしています。

青汁三昧は、かすかな優しい甘みがあるために、とても飲みやすい青汁です。甘いといっても、後述する甘い青汁まではいかず、ラテほどの甘さはありません。
甘い抹茶の香りがしているのですが、青汁や野菜特有の苦みや飲みにくさは全く感じられません。そのために小さな子どもでも気軽に飲むことができるでしょう。

甘い青汁

やわたのおいしい青汁は、その外見からして何の変哲のない普通の青汁なのですが、飲んでみるとその甘さに意外な感覚を覚えると思います。抹茶ラテを彷彿とさせます。
砂糖不使用でも、原料にスクラロースが配合されているために甘さを感じます。青汁の素材のなかでも苦い部類になるケールも配合されているにもかかわらず、クセがない飲み口で、青汁特有の苦味や臭みなどがすべて解消されています。
この青汁であれば、どのような人でも悩まずに選ぶことができます。飲みやすいことはもちろんのこと、風味もとてもいいです。

フレッシュフルーツ青汁は、青汁でありながら飲みやすいばかりか、フルーツジュースのようです。手軽にゴクゴク飲める青汁はフレッシュフルーツ青汁だけでしょう。

2種類の味から選択できるHappy Magicは、甘い青汁の代表格です。
赤と白の2種類の味が用意されているのですが、赤は黒糖風味でスッキリとしたもので、抹茶のような味わいがあります。
他方、白は、フルーツジュース味でありながら、何とカロリーゼロです。からんかという成分が用いられているのですが、この成分は砂糖よりも甘いです。従来の青汁と同じカテゴリーに属するものとは思えないほどです。

まとめ

以上のように、今の青汁は、美味しいものや甘いものを選ぶことができるようになっており、従来のまずいものとは一線を画すものとなっています。
青汁らしさを残したものや、とにかく飲みやすいもの、ラテのような甘みのあるものまで実に多くの飲みやすい青汁が存在しています。

-選び方

関連記事

no image

価格別に選ぶ青汁商品4選

健康や美容に効果のある青汁を、これを機に飲んでみよう!とお考えの方もいるかもしれません。 そこで気になるのが「お値段」だと思います。 青汁によって値段もピンキリで、どれにしようか悩みどころ。価格別に青 …

no image

青汁を原材料で選ぶコツ

青汁を選ぶ上で重要になってくるのは、原材料でしょうね。どれも同じ緑色のものに見えても、その違いはあるのです。そのような原材料に関して解説していくとともに、それぞれを含む青汁を紹介していきます。 目次1 …

no image

青汁を形状で選ぶコツ

青汁には実に様々な形状が存在しています。従来の冷凍タイプのものや、およそ青「汁」とは呼べないような固形状のものもあります。形状による違いは当然に生じてくるために、目的や好みに応じて選ぶコツを解説してい …