選び方

青汁を原材料で選ぶコツ

投稿日:

青汁を選ぶ上で重要になってくるのは、原材料でしょうね。どれも同じ緑色のものに見えても、その違いはあるのです。そのような原材料に関して解説していくとともに、それぞれを含む青汁を紹介していきます。

ケール

青汁の原材料と聞いて真っ先に思い浮かぶものは、ケールではないでしょうか。ケールは他の野菜と比較しても栄養が突出しています。食物繊維を始め、多くの栄養が含まれており、ダイエットにも向いているといえます。

しかし、ケールは、青汁特有のまずさの張本人ともいえるほど、クセが強くて、苦いものなのです。

大麦若葉

名前どおり大麦の若い葉のことで、SOD酵素が含まれているために抗酸化作用があり、老化防止にも役立ちます。
ケールと比較すれば、苦味があまりなく、却って美味なのが特徴です。一般的には、粉末タイプやスティックタイプの青汁に用いられます。大麦若葉が使われている青汁は、ジュースのように飲むことができます。

明日葉

明日葉は、八丈島や伊豆諸島原産の野菜です。強靭な生命力が大きな特徴で、栄養価も高いことで知られています。デトックス効果のあるカルコンという成分が含まれているために、老廃物の排出や、むくみ解消にも役立ち、ダイエットをしている人にも効果があるとされています。
食物繊維やビタミン類などの含有量は、何とケールを凌駕するほどとされています。

長命草

長命草は、沖縄などの温暖な地方で沿岸沿いに自生する多年草です。沖縄では、料理や民間薬として用いられ、長寿の秘訣ともされています。
青汁に用いられるようになって比較的日が浅いですが、ポリフェノールなどが含まれているために抗酸化作用があり、美容効果やダイエット効果に期待できます。

クマイザサ

北海道などの北部に自生している大型の笹です。クマザサとは名前も似ており、その実体も大差なく、青汁の素材として用いられています。各種栄養も豊富に含まれている上、整腸作用もあるとされています。臭みがなく、上品な香りが特徴です。

モリンガ

モリンガは、栄養価が高く、食物繊維も豊富なために、美肌効果や便秘解消効果があるとされています。そして、ギャバも多量に含有されているために、ダイエット効果にも期待できます。

ただし、青汁に含まれているモリンガには、アミノ酸も多量に含まれているために、腎臓疾患などに罹患している人に悪影響を及ぼしたり、糖尿病のリスクを生じさせるともされています。そのために、飲み過ぎには気を付けましょう。

桑葉

桑葉は、国内各所に自生している落葉性の植物です。必須アミノ酸や食物繊維などが豊富に含まれているほか、カルシウムに至っても、およそ24倍という牛乳を遥かに凌駕する量です。生活習慣病の改善や、ダイエット効果にも適しています。

-選び方

関連記事

no image

青汁を形状で選ぶコツ

青汁には実に様々な形状が存在しています。従来の冷凍タイプのものや、およそ青「汁」とは呼べないような固形状のものもあります。形状による違いは当然に生じてくるために、目的や好みに応じて選ぶコツを解説してい …

no image

飲みやすい青汁を選ぶコツ

青汁は、かの有名な「マズイ!もう一杯」とのフレーズで一躍有名になったように、試しに1度飲んでから、二度と飲みたくないと思った人は相当多いでしょう。青汁のブームには、しばらく陰りが出ていたのですが、最近 …

no image

価格別に選ぶ青汁商品4選

健康や美容に効果のある青汁を、これを機に飲んでみよう!とお考えの方もいるかもしれません。 そこで気になるのが「お値段」だと思います。 青汁によって値段もピンキリで、どれにしようか悩みどころ。価格別に青 …