青汁とは

青汁とはどのようなもの?

投稿日:

今やその名を知らない人はほとんどいない青汁ですが、正確かつ詳細な知識を持っている人はあまりいないのではないでしょうか。
また、単なる野菜ジュースやスムージーなどといった、類似商品も数多く出回っているようですね。

青汁といえば、「マズイ!もう一杯」とのテレビコマーシャルでの宣伝。これにより青汁は一躍有名になったほどで、青汁特有の苦味と渋みにより本当にまずいものでした。しかし、最近の青汁は、そうでもないようです。

青汁とは?

青汁とは、ケールや大麦若葉などといった生の緑葉野菜をしぼった汁のことをいいます。青汁は緑色をしていますが、なぜ「青」と表現しているのでしょうか?
その理由は、昔に「緑」という言葉がなかったことに由来しています。この点、信号機も同様ですね。

青汁の効果とは?

青汁には、栄養や食物繊維などが多量に含まれています。特に近年、日本人の食生活が欧米化し慢性的な野菜不足に陥っていることが問題視されているなかで、食事のみではとても補いきれない栄養や食物繊維を手軽かつ効率的に摂取できる青汁は相当有用といえます。

青汁の製法

青汁は、野菜が生の状態で絞るのですが、その理由は、加熱した状態では原料となる野菜の栄養素などが失われがちになるからです。そうすると、加熱した状態で精製した競合他社の製品と比較しても、野菜を生の状態のままで取り入れることのできる青汁は、相当画期的な商品だといえます。

青汁と類似商品との違い

ところで、類似商品の一つ、スムージーと青汁とでは、どのような点が異なっているのでしょうか。それは原材料及び製法にあります。青汁は野菜のみであるのに対して、スムージーは、野菜のほかに果物も含まれています。そのために、スムージーは飲みやすいことがメリットではあるものの、糖分が多量に含まれている点からして、健康食品としてはデメリットになってくるでしょう。

他方、青汁の製法については、粉末タイプのものやサプリメントタイプのものなど、加工のバリエーションが豊富なため、実に手軽に摂取できます。
これに対して、スムージーは原則として手作りしていく性質のものであることから、新鮮な状態での摂取が可能ではあるものの調理に労力を要します。

最近の青汁はまずくない

青汁は、従来はとても美味しくないものとして広まっていました。ところが最近では、加工のバリエーションが豊富なこともあり、とても飲みやすいタイプの青汁も多く出回っています。
水などに溶かして飲む粉末タイプの青汁を始め、冷凍青汁や青汁ジュースに加えて、粉末タイプのものを固形にした錠剤やタブレット、果ては青汁を用いたクッキーなどの焼き菓子などもあり、様々なタイプの青汁が存在しています。

まとめ

青汁とは、とても栄養価の優れた食品であり、食物繊維などが多く含まれています。そして、他社製品との大きな違いは、生であることであって、これにより他社製品と比較しても栄養価が高くなっているのです。
青汁は、昔は相当まずいことで知られていたのですが、最近では色々なバリエーションがそろい、飲みやすいものが増加してきたため、従来のまずいイメージは完全に払拭されてきています。

-青汁とは

関連記事

no image

青汁を飲み続けることによって得られる効果

健康のために青汁を飲んでみたのはいいものの、何らの効果も得られることのないまま、あきらめた人は少なくはないでしょう。その結果、青汁は全く健康効果がないと思い込んでいませんか? 目次1 青汁の効果とは2 …